〈システムデザイナー〉

〈システムデザイナー〉

System Designers

 〈システムデザイナー〉とは、RPGシステムをデザインするだけの技量を持ち、実際にRPGシステムを制作するゲームデザイナーのことである。

 〈ゲーム〉として挑戦するに値する〈ゲームコンセプト〉およびその具体的なメカニズムを、ルールの作成を通じて教授・伝達することが〈システムデザイナー〉の主な職務となる。

 またこの一連の作業を〈システムデザイン〉と呼び、そしてこの〈システムデザイン〉の遂行を通じて出来上がったものを「ゲームメカニズム」あるいは「ゲームシステム」と呼ぶ。この「ゲームメカニズム」は「ルールブック」という出版物・表現媒体を介してゲームマスターとプレーヤーに提供されることになる。

 ほとんどの場合、ゲームマスターはこの「ゲームメカニズム」の支援なしでは、面白いRPGセッションを提供することができない(素人の模型ファンが、プラスチック合板から模型を制作するようなものである)。したがって、RPGという営み全体におけるシステムデザイナーの職分は、とても強い影響力を持つ。

 なお、システムデザイナーは原則として、〈セッション〉の現場には直接関わらないことを前提にシステムを設計する。なぜなら、そのシステムを使用する者がゲームデザイナー本人とは限らないからである。

  →〈ゲーム〉〈ゲームコンセプト〉

(芝村2004a,b)(高橋2005b)