〈システム選択能力〉

〈システム選択能力〉

Ability of System Selection

 〈ゲーム〉をデザインする道具として魅力的なRPGシステムと、そのような機能を十分に満たしていないRPGシステムとを的確に見分け、選択する技量のこと。

 ありとあらゆるセッションの現場にもっとも相応しいRPGシステムを選ぶために必要な能力である。

 この〈システム選択〉は、実際にはシステム単独の出来・不出来で評価するのではなく、これから〈ゲーム〉を提供すべきプレーヤー達が取り組みたいと考えているような〈志向性〉〈役割分担〉〈背景世界〉が、システムデザインの段階でそれぞれ適切に準備されているかどうかを念頭に置いて評価する必要がある。

 マスターリング表現技法5要素のうちの1つ。

  →〈マスターリングの表現技法〉〈志向性〉〈役割分担〉〈背景世界〉

(馬場1996-7)