〈セッションハンドリング能力〉

〈セッションハンドリング能力〉

Ability of Session Handling

 RPGシステムとシナリオを援用しつつ、さまざまなテクニックを駆使して〈意志決定〉の楽しみをプレーヤーに提供すると同時に、終始公正さを保って〈セッション〉を運営する技量のこと。

 またここでいう〈セッションハンドリング〉とは、セッション中の発話や裁定を通じて、〈目標〉〈障害〉〈制限〉〈管理資源〉など、〈シナリオ作成〉の段階であらかじめ決めていたさまざまな〈ゲーム〉の要素をシナリオとは異なる方向に微調整したり、精緻化したり、逆に省略したりすることで、プレーヤーに対してできるだけ魅力的なゲームを提供しようとする一連の作業のことを意味する。

 〈セッションハンドリング〉における個々の裁定では、〈ゲームマスターの裁定基準〉を念頭においてジャッジするべきとされる。

 マスターリング表現技法5要素のうちの1つ。

  →〈マスターリングの表現技法〉〈セッション〉〈ゲームマスターの裁定基準〉

(馬場1996-7)