〈リプレイ〉

〈リプレイ〉

Replay

〈ロールプレイング・ゲーム〉〈セッション〉において〈プレーヤー〉達が実施した一連のプレイ結果を、ト書き式の議事録とその注釈とによって再編した著作物」のこと。

〈リプレイ〉の効用としては、

  • しばしば「わかりにくい」「遊びづらい」とされるTRPGのプレイ風景を、比較的マスに開かれた文字媒体(雑誌出版物・文庫本など)によって伝達できること
  • TRPG〈運用〉を教えひろめるための指導教本の一種として利用できること
  • 単にエンターテイメント小説のような“読み物”を手軽に作成し、提示できること

 などが挙げられ、その編集コンセプトや個々の効用は多岐にわたっている。

 また、セッションの結果を伝達するものとしては、ほかに〈セッションレポート〉もある。

(高橋2008)

 http://d.hatena.ne.jp/gginc/20080129/1201629350

(高橋註:安田の1980年代の著作などから再度定義を拾う必要があるだろう。)