〈共同ゲームデザイン〉

〈共同ゲームデザイン〉

Shared Game Design

 RPGセッションの〈参加者〉同士が、「自由なコミュニケーション」と「ゲームメカニズム」を使用することによって、単なる〈ゲーム的状況〉の一部にすぎなかったものを、次々と遊べる〈ゲーム〉に変えていく作業のこと。

 この〈共同ゲームデザイン〉〈参加者〉によって試みられるたびに、〈セッション〉〈ゲーム性〉は絶えず変化の波にさらされることになる(それは、〈参加者〉にとってよい方向にはたらくこともあれば、悪い方向に働くこともある)。

 そして、ゲームデザイン的な見地からこの共同作業を観察した時、この〈ゲーム性〉の流動的変化が起きている「概念的な場所」として見出されるのが〈イマジナリィ・ボード〉である。

  →〈参加者〉〈ゲーム的状況〉〈ゲーム〉〈ゲーム性〉〈イマジナリィ・ボード〉

(高橋2005a)(馬場2005b)