〈説明責任〉

〈説明責任〉

Clarification

 やむなくルールを破る場合、ゲームマスターがプレーヤーに対して納得の行く理由をそのつど説明する義務があること。

 ゲームマスターは明確な理由なしにルールを破るべきではない。

 破るとしても、それはあくまで〈ゲーム性〉を守るために破られるべきである。

(RPGにおいては「ルール」より「ゲームマスターの裁定」が、そして「ゲームマスターの裁定」より〈ゲーム性〉が、尊ばれる。「1.ゲーム性」←「2.GMの裁定」→「3.ルール」の順番を守ることが、RPGにおける「法の精神」である。)

 「ゲームマスター5つの裁定基準」のうちの1つ。

  →〈ゲームマスターの裁定基準〉

(馬場1996-7)